kanemori Blog

旅とホテルと阪神タイガース

南伊豆温泉旅行 山海の幸を楽しめる癒しの旅館【季一遊】宿泊記録

Kanemoriです。温泉旅館で伊勢海老とアワビが食べたくて、今回は南伊豆下田・弓ヶ浜にある「季一遊」を訪れました。冬の晴天の日、太平洋を横目に伊豆をドライブした先には素敵なお宿がありましたよ。

f:id:kanekanemori:20200204123505j:plain

南伊豆 季一遊(ときいちゆう)

老若男女問わずに過ごしやすいリゾート旅館のためか、高齢の団体も多いようです。おじいちゃんおばあちゃんになっても仲間内で旅行できるなんてステキですね。スタッフの皆さんも慣れた様子で対応されていました。

www.tokiichiyu.com

ロビー

広い吹き抜けのロビーは清潔感もあり、好印象です。こちらの先にあるラウンジでチェックインの手続きをしていただきます。

f:id:kanekanemori:20200204123516j:plain

玄関に到着してすぐ、スタッフの方が荷物を運び、席に案内してくださいます。すぐに温かいお茶とお菓子、おしぼりが運ばれてきて、道中の疲れを労ってくださいます。おもてなし全開でありがたいです。

f:id:kanekanemori:20200204123318j:plain

客室

今回の客室は「温泉露天風呂付き客室(バルコニー付)」という和室12.5畳+露天風呂&バルコニーの51㎡のお部屋。こちらの旅館の客室タイプの中では、比較的下の方のランクっぽいですが、広いお部屋は満足です。天然温泉の露天風呂が付いており、汐音を聴きながら客室の露天風呂を贅沢に独り占めできます。

南伊豆 季一遊 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

f:id:kanekanemori:20200204123417j:plain

すぐそばに海を感じられるバルコニー。

浴室

こちらが天然温泉の露天風呂。

南伊豆 季一遊 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

小さめの浴槽ですが、なんだか秘密基地みたいでわくわくする作りです。オーシャンビューではありませんが、すぐ近くの弓ヶ浜の波の音と潮の香りが海を感じさせてくれます。

f:id:kanekanemori:20200204123405j:plain

こちらも客室のお風呂。館内に大浴場もあるし、部屋には露天風呂も付いているのでこちらは使用しませんでした。ここにシャワーがあるなら、部屋についている露天風呂の洗い場をなくして浴槽を広げたほうが満足度が上がりそうですね。何か建築上の決まりとかあるのかしら?

f:id:kanekanemori:20200204123330j:plain

お手洗いも広めです。

客室設備・備品・アメニティ

客室設備・備品

テレビ/電話/湯沸かしポット/お茶セット/洗浄機付トイレ

こちらの他に、冷蔵庫がありました。一人暮らしにちょうどいい家庭用くらいの大きさで、中に余裕があるので買っていったビールを冷やすことができたのでありがたいですね。

アメニティ

ハンドタオル/ボディソープ/ドライヤー/歯ブラシセット/石けん/ブラシ/バスタオル/お部屋着/髭剃り/シャンプー・リンス/シャワーキャップ/綿棒

f:id:kanekanemori:20200204123341j:plain

f:id:kanekanemori:20200204123354j:plain

大浴場

f:id:kanekanemori:20200211171727j:plain

由緒ある癒しの湯、南伊豆弓ヶ浜温泉。
ミネラルを豊富に含む泉質は含塩化類食塩泉といい、体を芯から温めながら肌をなめらかにしてくれます。
心地よい浜風や潮騒に包まれ、温泉三昧のひととき。
バリエーションも豊富な天然温泉をこころゆくまでお楽しみください。

(公式HPより)

大浴場には3種類の露天風呂もあり、プチ湯めぐりができます。貸切風呂は3カ所あり空いていれば利用していいとの事。人気なのかタイミングなのか、夜に利用はできませんでした。大浴場と貸切風呂どちらもアメニティは部屋にあるものと同じラインナップですので、気軽に利用できます。 

夕食

f:id:kanekanemori:20200204123311j:plain

旅の一番の目的、夜ごはん。食事処「渚ダイニング」にていただきます。ワタシたちのプランは、アワビ・サザエ・タラバガニ・伊勢海老・金目鯛・その他鮮魚といった伊豆の海の幸を堪能できるコースでした。静岡の地酒と一緒に楽しみます。サービス係の女性もとても親切で素敵な時間を過ごすことができました。が、1点。生ビールがとても酸っぱかったこと。これは樽のビールが劣化しているか、ビールサーバーの洗浄が不十分だったりすると発生します。メニューには他に静岡のご当地ビールが入っているので、こっちを頼む人が多いのかと思いますが、最初の1杯目で飲みたい方もいるかと思うのでメニューに入れておくなら改善したほうがいいかと考えます。

ターンダウン

f:id:kanekanemori:20200204123428j:plain

旅館では夕食を終えて部屋に帰ると、ゆったりと睡眠をとれるようにお布団を敷いてくれますね。昼とは違った雰囲気になるこのサービスが私は好きです。お布団がふかふかでぐっすり眠れました。

朝風呂

f:id:kanekanemori:20200204123440j:plain

こちらのホテルに宿泊の際は、朝に大浴場に行くことをおススメします。気持ちよくお風呂に入って眠気を覚ましたら、湯上り処「ふらり」で無料の味噌汁サービスを是非利用してみてください。運がいいと伊勢海老だしのお味噌汁が出てきますよ!ちなみに、数個しかない貸切風呂も朝の方が空いているみたいですので、夜貸切風呂に入れなかったら、朝に再度チャレンジしてもいいかも。

朝食

f:id:kanekanemori:20200204123452j:plain

朝食も夕食と同じ食事処「渚ダイニング」で頂きます。ブッフェ形式で自分の好きなものを好きなだけいただけます。料理にによっては少し残念に感じるものもありますが、ブッフェなのに鮮魚が数種類あることに驚きました。さすが海のすぐそばの旅館ですね。

おわりに

今回は結婚記念日ということで、南伊豆下田のリゾート旅館をチョイスしました。記念日だということを予約の際に伝えておいたので、夕食時にプチギフトのソープフラワーも頂きました。ハード面でもソフト面でもステキなおもてなしをしていただき大満足です(夕食時の生ビールを除けば…)。たいへんお世話になりました。やっぱり温泉旅行はいいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。